2022年度地区労福協 事務局長会議を開催しました。

2022年6月15日(水) 13時30分より、山口市の労福協会館において「2022年度地区労福協 事務局長会議」を開催しました。

冒頭、中繁会長より、「今年度は、地区労福協のみなさんと“つながる力”で連携し、“労働者自主福祉運動”の取組みを前進させていきたい。」と挨拶があり、議事に入りました。

今回の会議においては、報告事項の後、協議事項として「2022年度労働者自主福祉運動の推進に係る取組みについて」と題して、県労福協より以下の3つの提案を行い、地区労福協のみなさんと協議を行いました。

【協議事項】

①労働者自主福祉運動ハンドブックの作成

②県労福協による福祉事業団体合同推進全体会議の開催

③各地区労福協における福祉事業団体合同推進会議の運営について

ハンドブックの作成については、その活用方法や配布方法について前向きな意見が出され、合同推進全体会議の開催においても了解いただきました。また、各地区における福祉事業団体合同推進会議の運営については、単年度では難しいかもしれないが、地区の幹事会において協議、検討していくといった意見がだされました。

協議事項の後、労働・事業団体報告として、労働団体から連合山口の横山副事務局長より、福祉事業団体からは、中国ろうきん山口県営業本部 松田事務局長、こくみん共済coop山口推進本部 浅田部長より報告をいただき、最後に、県労福協事務局より、事務関係の報告を行い約3時間近い会議を終了いたしました。

各地区労福協、労働団体、福祉事業団体よりご参加いただきましたみなさま、長時間にわたり、お疲れさまでした。

ありがとうございました。

 

関連リンク