労福協とは

ごあいさつ

山口県労働者福祉協議会は、すべての働く人の幸せと豊かさをめざして、「連帯・協同で安心・共生の福祉社会の実現」を理念として活動しています。
主な事業は、①労働・生活・福祉相談を行う「生活あんしんネット事業」、②国・県の委託事業で無業の若者の就労支援を行う「しゅうなん若者サポートステーション」、③山口市の生活困窮者自立支援事業である「パーソナル・サポートセンターやまぐち」の運営です。
また、労働団体の「連合山口」と福祉事業団体の「中国労働金庫」「こくみん共済coop」「山口県生協連」と共に、各地区労福協と連携・協同しながら「労働者自主福祉運動」を推進し、組合員の暮らしの“安心・安全”を守る運動を展開しています。
今後も、平和で安心して働きくらせる持続可能な社会を実現するために「労働者福祉の向上」をめざして活動してまいります。

一般社団法人 山口県労働者福祉協議会  会長 中 繁 尊 範

事業内容

生活あんしんネット

中国労働金庫・こくみん共済coop・生協連・連合山口やNPOと連携し、県民のみなさまの生活を総合的にサポートするネットワークです。
お仕事をお探しの方、職場のトラブルでお困りの方、介護や障がいについてのご相談に専門家が対応します。

しゅうなん若者サポートステーション
※厚生労働省・山口県委託事業

働くことに悩みを抱えている15歳~49歳までの方へ、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談・コミュニケーション講座・協力企業への就労体験などの就労に向けた支援を行っています。

パーソナル・サポートセンターやまぐち
※山口市委託事業

地域の官民・NPO等の支援機関と連携し、生活困窮者の自立へ向けて総合的な支援をします。
専門知識を有した相談支援員が相談者に寄り添いながら問題解決に向け、ともに考え行動していきます。

高校生のための消費者講座

中国労働金庫のご協力により、次代を担う高校生を対象に消費者トラブル事例やローン・クレジットの利用法を知ってもらい、自分で正しく判断できる消費者になるための講座を行っています。

障がい者運転免許取得特別講座

自動車学校のご協力により、知的障がい者を対象に自動車運転免許を取得するための交通ルールやマナー等の講座を自動車学校へ入校する前に開設し、障がい者の就職者自立の支援を行っています。

山口県労福協会館の運営

10~150名の会議・研修会にご利用いただける貸会議室です。駐車場無料。

政策研究委員会

有識者が参画し、県労福協のシンクタンクとして勤労者や生活者の福祉の向上に関する調査・研究を行い、その結果から課題等を抽出して行政などへの提言につなげていきます。

山口県労福協労働保険事務組合

山口県内の事業所から委託を受けて、労働保険の事務を行います。

福祉基金の活用

行政より補助や委託を受け、勤労県民のゆとり・豊かさ・未組織労働者対策・地区労福協活動の助成など、総合福祉向上のために活用しています。

構成団体

中国ろうきん、こくみん共済coop山口推進本部、連合山口、山口県生協連、13地区労福協

所在地

沿 革

1969(昭和44)年11月 山口県労福協設立
1979(昭和54)年1月 法人化(社団法人)
1990(平成2)年3月 山口県労福協会館竣工
2005(平成17)年2月 生活あんしんネット事業開始
2006(平成18)年 「障がい者運転免許取得特別支援講座」開講 「高校生のための消費者講座」開講
2008(平成20)年6月 「しゅうなん若者サポートステーション」開所(国・県委託事業)
2009(平成21)年8月 「住宅困窮者自立支援事業」開始
2012(平成24)年4月 一般社団法人化
2015(平成27)年4月 「パーソナル・サポートセンターやまぐち」開所(山口市委託事業)

2021年度 山口県労福協理事・監事名簿

役 職 氏 名 所属団体
会  長 中繁尊範 こくみん共済coop山口推進本部
副会長 網戸 茂 中国労働金庫山口県営業本部
伊藤正則 連合山口
岡崎 悟 山口県生活協同組合連合会
専務理事 山中 守 員外
理  事 桝本康仁 連合山口
中元直樹 連合山口
冨田悟史 連合山口
石田賢次 山口地区労福協
德原大樹 周南地区労福協
徳野啓範 下関地区労福協
鍛治谷晋 中国労働金庫山口県営業本部
吉光靖文 こくみん共済coop山口推進本部
荒瀬 泰 山口県生活協同組合連合会
理事(事務局長) 藤山 毅 中国労働金庫山口県営業本部
監  事 松田松則 中国労働金庫山口県営業本部
浅田晴男 こくみん共済coop山口推進本部
倉重里加 日本労働組合総連合会山口県連合会

関連リンク